CATEGORY 医療

健康

太りやすい体質とは②

太りやすい、太りにくいってお話よく聞きますよね。 また実際問題としてなぜ食べていないはずなのにやせないんだ? みたいな疑問をお客さんに抱く肩も同業者の方であれば結構いますよね。 ここで通常は代謝が落ちているとかそういったことをまず第一に考えますがそれ以外の視点として今回は遺伝子レベルでそういったこともあり得るというお話をしていきます。
健康

太りやすい体質とは①

太りやすい、太りにくいってお話よく聞きますよね。 また実際問題としてなぜ食べていないはずなのにやせないんだ? みたいな疑問をお客さんに抱く肩も同業者の方であれば結構いますよね。 ここで通常は代謝が落ちているとかそういったことをまず第一に考えますがそれ以外の視点として今回は遺伝子レベルでそういったこともあり得るというお話をしていきます。
Woman Health

睡眠と栄養の関係性について

睡眠障害や睡眠の質の低下がみられると、成長ホルモンの分泌が少なくなるなどの問題が発生してくる。 当然睡眠不足にもなるため朝起きれない、日中眠いなどの症状が出ることは多々ある。睡眠障害や睡眠の質の低下がみられると、成長ホルモンの分泌が少なくなるなどの問題が発生してくる。 当然睡眠不足にもなるため朝起きれない、日中眠いなどの症状が出ることは多々ある。
健康

オメガ3とがん(乳がん)の関係性

中国を拠点にする調査チームは、米国、欧州、アジアの計88万3,585人を対象にした、26件の前向きコホート研究の報告を解析した。 2万905人の女性が乳がんを発症したが、魚油由来のオメガ3系多価不飽和脂肪酸をもっとも多く摂取した群は、もっとも少なく摂取した群に比べ、乳がんリスクが14%低下した。 もっとも乳がんリスクが低下したのはアジア女性であり、これはふだんの魚の摂取量が欧米諸国に比べて多いためだろうとしている。 統計的にみると、オメガ3系脂肪酸を1日0.1g多く摂取するごとに、乳がんリスクが5%下がるという。脂肪の多いサケやマグロ、イワシなどの魚を1週間に1~2食分食べると、この量を満たすことができる。 魚の油にはエイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)などが多く含まれ、血液中の中性脂肪値を下げたり、血栓ができるのを防ぐ働きがある。
健康

ケトン体を改めて理解する

ケトン体とは、アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸の総称である。飢餓状態や糖尿病などにより、エネルギー源として血糖を利用できないと、中性脂肪は脂肪組織で遊離脂肪酸に分解される。ケトン体はこの分解された脂肪酸から、エネルギー源の代わりとして肝臓で産生され、血中に放出される。 ケトン体が体内に増加した状態をケトーシスと呼び、進行するとケトアシドーシスに至る。 ■血中のケトン体上昇の原因 血中のケトン体が上昇するのは以下のような場合である。 ・飢餓、絶食状態 ・糖尿病や内分泌疾患などによる糖利用障害 ・発熱、外傷、感染症、運動、高脂肪食、ストレスなど